クリルオイルとは?その効果とそのメカニズム、過剰摂取の摂取方法

クリルオイルの栄養素には、EPAやDHAを始めとするオメガ3必須脂肪酸が存在し、その栄養素からもたらす効果が顕著です。まずEPAは血糖値が上昇することで血液の粘性が高まった状態を改善し、血液を流れやすくします。 もう一つのDHAには血管や赤血球などの細胞膜に働きかけ、血管の中に生まれる血栓を防ぎ、血流を良くします。つまりEPAとDHAには、血液の流れの悪化から起こる心筋梗塞・心臓病・糖尿病などの生活習慣病を予防する効果が存在します。 他に有効とされる病気などの症状には、認知症、アレルギーなどの症状です。認知症の予防効果はDHAの摂取で学習能力の向上が指摘されたほどで、脳内の神経物質の活性化やそれを作り出す上でも貢献しています。 しかもオメガ3必須脂肪酸自体に抗炎作用が存在し、アレルギーは炎症から引き起こされるため、それを防ぐことができます。アレルギーによって引き起こされる花粉症やアトピーといった肌の症状に優れています。 なおこれらのEPAとDHAには優れた効果がありますが、より良い健康へのメカニズムを産み出す上でカギを握るのは吸収率です。意識的に摂取を行っても、それが具体的に体に吸収されなければ意味がないからです。 クリルオイルの魅力は、その吸収率を良くするためのリン脂質が既に含まれている点にあり、クリルオイルをそのまま摂取するだけで体内に吸収しやすい状態にあります。つまりDHAやEPAがこのリン脂質に結合されていることで、体内でも優れた効果を発揮させるのです。 また摂取方法としては、クリルオイルがとれるオキアミを食することは困難なため、そのオイルから作られたサプリメントから摂取する方法がベストです。サプリメントであれば、日常生活の一部に取り入れることも可能で、しかも一日の摂取量1gに拘って摂取することができます。 副作用についてもサプリメントとして服用する上では存在しませんが、他の薬と飲み合わせや病気の治療などを受けている場合には医師・薬剤師などの相談が必要です。