EPAとは?その効果とそのメカニズム、摂取方法、過剰摂取の副作用

EPAとは魚介類に多く含まれる脂肪酸の一種で、フィッシュオイルと呼ばれる健康食品の一つです。実はこの成分には体に良い効果がたくさんあります。その一つが生活習慣病予防です。生活習慣病には様々な種類がありますが、その中でも食生活が大きく影響するのが動脈硬化や高血圧です。脂質を多く摂りすぎると、血液がドロドロとして血栓ができやすくなったり血圧が高くなります。そしてこの状態を放っておくと、突然動脈硬化を起こしてしまい、命が危険になってしまったり重い後遺症が残ってしまうこともあります。そのため、このような生活習慣病を防ぐためには普段から食生活に気をつけなくてはいけません。そしてこのような血液状態の改善・予防に有効なのがEPAです。この成分には血液をドロドロ状態にさせてしまう中性脂肪や悪玉コレステロールを減少させ、不要な悪玉コレステロールを取り除く善玉コレステロールを増やす効果があります。そのため血液をサラサラにして、動脈硬化・高血圧を予防・改善することができるのです。さらにEPAにはアレルギー症状を緩和する効果も期待できます。アレルギー症状がひどくなる要因の一つに体内でプロスタグランジンという成分が影響しています。しかし、EPAにはそんなプロスタグランジンを抑制することができるため、花粉症やアレルギー症状を緩和することができるのです。また、EPAは脂肪酸の中でも体内に蓄積されにくく、エネルギーに変わりやすいという特徴もあります。そのためダイエットサポートとしても効果的なのです。このようにEPAには様々なメカニズムで体に働きかけるため、健康効果を得ることが期待できるのです。 そんなEPAの摂取方法としておすすめなのはサプリメントです。食事からも摂取できますが、そのために毎日魚をたくさん食べるのは大変です。そのため簡単で続けやすいサプリメントがおすすめなのです。しかし、いくら健康に良いからといって摂りすぎは良くありません。摂りすぎると副作用として血液がサラサラになって血圧が下がりすぎてしまう可能性もあります。そのため摂取量には注意が必要です。