DHAとは?その効果とそのメカニズム、摂取方法、過剰摂取の副作用

日本人は、健康と美容に興味を持っている人が多く、ドラッグストアやオンラインショップでは、様々なサプリメントが販売されています。
サプリメントの中で、人気が高いのが、DHAのサプリメントです。
DHAの摂取方法には、様々な方法があります。
青魚に多く含まれているので、青魚を食べればDHAを摂取することができます。
しかし、最近は、青魚が苦手な日本人が増えているのです。
魚が嫌いではない人でも、毎日魚を食べるのは大変だと考えている人が少なくありません。
そのため、サプリメントを利用してDHAを摂取している人が多いのです。
DHAは、優れたメカニズムを持ち、様々な効果が期待できます。
血管壁の細胞膜を柔軟にして、血液の流れをスムーズに改善するので、血圧が高くなるのを防ぐことが可能です。
また、中性脂肪を減少させ、悪玉コレステロールを減らして善玉コレステロールを増やします。
善玉コレステロールを増やすことで、生活習慣病の予防にも役立つのです。
ここ数年で、大きな注目を集めているのが、脳への効果です。
DHAは、脳を構成している脳細胞にもあり、特に記憶を司っている海馬に多いのです。
脳を活性化する作用があるので、脳の栄養素として考えられています。
人間の脳は、有害な物質が入らないような構造になっています。
しかし、DHAは通過でき、神経伝達物質を増やして情報伝達能力を高めることができます。

最近ではアルツハイマー型認知症に対する効果も様々なメディアで報じられており、大きな注目を集めています。
高齢化が進む日本では、高齢者の認知症が大きな問題となって、テレビや新聞、雑誌で特集が組まれることも少なくありません。
脳の状態を、いつまでも健康に保つことができるようになれば、高齢者を支える家族はもちろん、国の医療対策にとってもプラスになります。
DHAのサプリメントは、副作用の心配もないため、安心して摂取できることも大きな魅力のひとつです。
ただ、安全とはいえ、過剰摂取は良くないので、目安の量を守ることが大事です。