アスタキサンチンとは?その効果とそのメカニズム、摂取方法、過剰摂取の副作用

アスタキサンチンの効果は、抗酸化作用の働きの強さにあります。 アスタキサンチンは、体内で過剰に発生して細胞組織などを傷つける活性酸素を除去するメカニズムを生かして利用されています。本来であれば体に有益な活性酸素も、体を守ろうとする余りに大量に働き始めてしまうことがあります。この過剰な働きを、適切な量にコントロールしてくれるのがアスタキサンチンになります。この活性酸素除去力によってもたらされる効果は、活性酸素によって傷つけられた細胞組織の修復をおこなうことによって、体のすべての組織を若々しい状態に保とうとします。アンチエイジング用のアイテムとして人気があるのはこの効果によります。これは、見た目の皮膚組織だけでなく、体の各機能にももたらされることになりますので、目の疲労の回復、脳内の働きの修復、血流改善、自律神経の調整、疲労回復などがおこなわれることから、様々な疾患にも活用されています。 アスタキサンチンの摂取方法としては、通常の食事からであれば赤色の魚介類を食卓に盛り込むことでも有効です。ただ、摂取のしやすさや継続的に利用しやすい手軽さから、サプリメントとして利用している場合がほとんどになります。医薬品ではないことから副作用の心配はありません。ただ、安全なサプリメントだからといって過剰に摂取することは避けます。多く摂取すればそれだけ効果が高く、細胞組織の修復も早まるということではありません。修復は、自身の力でおこなわれるものであって、アスタキサンチンはその手助けをおこなっているに過ぎません。自力での修復には、一定の期間が必要になりますので、摂取方法によって回復の早さが調整できる訳ではありません。 ただ、効果的な摂取方法にとしては、アスタキサンチンが脂溶性であることから、油と一緒に摂ることもポイントになります。また、ビタミンCや亜鉛といったものと同時に摂ることによる相乗効果も得ることができます。